秋から冬にかけての乾燥肌対策~食事と化粧品でうるおいアップ~

 

 

夏の日差しやエアコンの風をたっぷり浴びた後、秋から冬にかけて肌が乾燥し、あらゆる肌トラブルが起こります。何種類もの保湿クリームを塗っても粉が吹いてしまったり、荒れてニキビができてしまったり、季節の変わり目は辛いですね...

今回は、秋冬に向けての乾燥肌対策をご紹介します。

乾燥肌対策というと、化粧品での保湿ケアを真っ先に浮かべますよね。

しかし、お肌の潤いを保持するためには、外側からのスキンケアだけではなく、内側からケアをして肌の新陳代謝を保つことが必要です。特に重要となるのが、食べ物でのアプローチです。冬の乾燥肌対策にはどのような栄養素や食べ物が最適なのか、チェックしてみましょう!

 

ビタミンC

「ビタミン」の中で、もっともポピュラーなのが「ビタミンC」ではないでしょうか。

ビタミンCは、抗酸化のほかに、コラーゲンの合成や免疫力のアップにも関わる栄養素です。しかし、ビタミンCは、私達人間は体内で作ることが出来ないのです。また、ビタミンAやEに比べて蓄積ができないため、こまめに摂取する必要があります。

ビタミンcの効果は、

・メラニンの生成を抑えてシミを予防する

・コラーゲンの生成を助ける

・抗炎症作用によりニキビの炎症に効く

・皮脂の分泌を抑えて毛穴を目立ちにくくする

・免疫力を高めて風邪をひきにくくする

・鉄と一緒に摂取すると貧血になりにくくなる

このように、たくさんの効果があります。

また、免疫力を高める作用があるので今の時代や、これからの季節にピッタリですね。

<食材>

柑橘類、イチゴ、キウイ、ブロッコリー、小松菜

 

タンパク質

肌の細胞の原料となり、ターンオーバーを活発にします。また、お肌のハリや弾力に欠かせない、「コラーゲン」。そのコラーゲンはタンパク質から出来ています。

コラーゲンはご存知の通り、みずみずしく健康的な肌を保つ働きをしてくれる大事なもの。タンパク質が不足すると、コラーゲンが作られにくくなってしまいます。

また、お肌には本来持っている天然保湿成分があります。その保湿成分の約半分が、タンパク質からできています。天然保湿成分は、お肌の中の水分を保持してくれる働きがあるので、タンパク質が不足すると肌の潤いが少なくなり、乾燥肌の原因になってしまいます。

 

 

<食材>

肉、魚、大豆、大豆製品、卵

 

ビタミンA(ベータカロテン)

肌や粘膜に潤いを与え、さらに、ターンオーバーのサイクルを整える働きがあると考えられています。ベータカロテンは、体内に入ると小腸から吸収され、皮膚や粘膜の健康維持などに効果があるビタミンAに変化します。

 

<食材>

レバー、ニンジン、小松菜、ほうれん草

 

ビタミン E

ビタミンEは、血行促進や肌のバリア機能の強化など、乾燥肌に効果があります。

ビタミンEの血流改善効果によって全身に血液が供給され、細胞の新陳代謝が活性化されることで皮膚のカサつきが改善され、肌にハリやツヤが出るといった効果も期待できます。

 

<食材>

ごま、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボカド、筋子、アンコウの肝など

 

亜鉛

肌のターンオーバーを維持するのに欠かせない栄養素です。

 

<食材>

牡蠣、牛肉、卵黄、チーズ

 

セラミド

肌内部の水分を保持して潤いをキープする保湿機能や紫外線などの外部刺激から肌を守るバリア機能があります。セラミドは加齢やターンオーバーの乱れなどで不足するため、しっかりと補いたいですね。

 

<食材>

わかめ、ほうれん草、黒ごま、小豆、ひじき、ゴボウ

 

必須脂肪酸

肌の表面を覆う皮脂の原料となります。皮脂が不足すると、肌内部の水分が失われやすくなるため、肌の乾燥を招きます。

 

<食材>

サバ、イワシ、エゴマ油、亜麻仁油

 

以上が乾燥肌対策に関与する栄養素、食べ物でした。これらの栄養素を食事でバランスよく取り入れることで乾燥に負けない肌づくりをしましょう。

 

続いては、外側からのスキンケアについてご紹介します。

 

 

秋冬は、夏に受けた紫外線によって、肌のバリア機能が低下してしまい敏感な状態となっています。さらに乾燥することで、肌荒れやシミ、くすみ、小じわなどの問題が生じてしまいます。このようなダメージをケアする効果のあるレチノールやビタミンCなどの成分が入った美容液や部分用クリームの使用をおすすめします。

また、乾燥にはセラミド配合の保湿アイテムの使用がおすすめです。

セラミドは元々お肌に存在している成分で、水分が蒸発して逃げないようにつなぎとめる働きがあります。そのため、湿度や気温が下がる真冬の過酷な状況でもしっとり潤った肌を守ることができます✧˖°⌖

今回は、乾燥肌対策の食べ物、スキンケアについてご紹介しました。栄養をしっかりと補うことで、肌はみるみるキレイになっていきます。スキンケアと食生活を意識して、健康美肌で冬を乗り切りましょう!

【基礎知識】ヒフって・・・・?②

前回はヒフの構造の途中まで書かせていただきました。

 

今回はヒフ構造の続き、皮下組織についてから、書いていきたいと思います。

 

・皮下組織

脂肪を多く含んでいるので皮下脂肪組織ともいう。

・ヒフ表面の脂肪膜

ヒフの組織ではないが、皮脂と汗がヒフ表面で混じりあって薄い膜を作っている。

これを脂肪膜と言い、ヒフの保護に重要な働きをしている。

・脂腺(皮脂線)

皮脂の分泌は夏に多く冬は少ない。ヒフをマッサージすると、血液循環がよくなり、分泌が多くなる。

・脂肪膜を作る皮脂は乳化している。

そして水中油型(0/w)と油中水型(0/w)の両方に変化する。

脂肪膜の乳化剤としてはラノリン、コレステリン、リン脂質などが含まれている。

→脂肪膜の組成分に近いものほど良いクリームと言える。

・脂肪膜は弱酸である。

アルカリ中和し、細菌の発育をおさえる。

角層にしみこんで角片の余分なはがれをおさえる。

・脂肪膜の補充速度は速い。

エーテルでヒフを拭いた後、1時間で50%、4時間でもとに戻る。

脂肪膜のよごれ・・・3~4時間毎に洗うことが理想。

3)ヒフの略図

脂肪膜

角片・・・・死んでいる細胞

核層・・・・核細胞

顆粒層・・・ヒフに栄養を与える

棘状層・・・新しい細胞を作る、メラニンを含む、色素細胞

基底層

表皮突起・・・ヒフの伸展に応じる

乳頭層・・・線維がまばらで水分を多く含んでいる

乳頭下層

網状層・・・線維が密で下に水分を逃さない

 

4)ヒフの吸収

・経皮吸収とは表皮を通って真皮にまで入っていくことをいう。通常クリームなどは角層にしみ込むがそれ以上は入らない

ため、これは滲透という。

・角層と顆粒層の間にバリアゾーンと言われる薄い層があり、このために水分等が深く滲透しない。

・経皮吸収

経皮吸収が行われるにはまず脂肪膜を通過しバリアゾーンを通過しなければならない。

ヒフの表面は脂肪膜で覆われているため、油溶性のものでなくてはヒフ表面にふれられない。また、毛口、毛ノウ内に入っていくために(脂腺を

通じ真皮内に入っていく)やはり油溶性でなければ吸収されない。水溶性のものは吸収されない。

顔が特にざらざらしているときはバリアゾーンが壊れているのでクリームなどは吸収されやすい。

 

次回は美容・化粧についてです。

 

【基礎知識】ヒフって・・・?

普段何気なくしているお肌のお手入れ。みなさん、皮膚について、きちんと理解はしてますか。

当たり前だけど、実は知らないことってありますよね。

今回は数回に分けて、今更とは思いますが「ヒフ」についておさらいしてきます。

 

1.ヒフ

・ヒフは日光、温度変化、湿気、ほこりその他のものに直接触れています。

有害なものが体内に侵入するのを防いでいます。またその厚さは1.4㎜(表皮と真皮の厚さ)と大変薄いものです。

基礎化粧品はヒフに直接影響を与えるものではなく、ヒフの表面を整えるものであります。(美容の観点から)

 

 美しいヒフとは

①表面がなめらか、表面にうるおいがある。

②やわらかでしなやか・・弾力とハリ

③ヒフの血液循環が良いこと

 ヒフの抵抗力と再生力

ヒフは一度あれてももとにもどりますが、年齢とともに抵抗力・再生力は弱まります。

ヒフのpH

女性 顔 5.61 前腕 5.67 背 6.19 指 6.50  日本人のヒフ平均pHは4.5~6.0。

1日のpHの変動 昼 5.2~5.3 午後 5.0 夜中 6.0~7.0 ヒフは酸に強く、アルカリに弱い。

 

2. ヒフの構造について

1)皮溝・皮丘

・皮溝が交叉しているところから毛うが伸びている。これを毛孔と言う。

・皮丘の中心部に1個ずつ汗口(汗孔)がある。

・皮溝の幅がせまく浅い・・・キメの細かい肌

皮溝の幅が広く深い・・・キメの粗い肌

2)ヒフの構造

・ヒフは表面から表皮、真皮、皮下組織に分けられる。

ヒフの付属器として毛、ツメ、脂腺、汗腺などがある。

 ・表皮

表皮は5層に分かれる。

①角質層 ②透明層(手足にしかない)③顆粒層 ④棘粒層(有棘層)⑤基底層

・表皮の細胞が新しく作られるところは主に基底層である。一部は棘状層でもつくられる。この2層を種子層という。

・新しい細胞は基底層から順次上に押し上げられ最後に角質の表面から角片として剥がれ落ちる。

 ・真皮

・ヒフの本体でヒフのハリ、硬さ、弾力はここで出来る。

・大部分は結合線維で弾力線維、格子線維が加わる。

・真皮の中には血管、リンパ管、神経が走っている。

・真皮は3層に分かれている。

①乳頭層 ②乳頭下層 ③網状層

 

次回は皮下組織についてです。

 

UVケアを行う時に知りたい!美白におすすめの成分や化粧品を紹介

 

 

あらゆる肌悩みを引き起こす紫外線は美肌の大敵なもの。また、近年多くのUVケア方法や美白コスメが展開されていますが、自分に合うケア方法や正しい情報が分からず、UVケア方法を模索している方も多いでしょう。

 

今回は美白肌を目指す方に向けて、UVケアを行う前に知りたいことや化粧品の選び方やおすすめ美容成分を紹介します。

美白のためのUVケアを行う前に知るべきこと

 

UVケア=紫外線カットというイメージを持つ方が多いかと思いますが、実際は紫外線のことや肌悩みが起きる原因を知って悩みを根本から解決することが大切です。

まずは、UVケアを行う前に知っておくと安心な知識をお伝えします。

 

▼1.紫外線のことを知る

美白のためのUVケアを徹底するためには紫外線そのものについて知ることがとても大切です。紫外線はUVと呼ばれますがUV-A、UV-B、UV-Cの三種類があり、紫外線の強さや肌への影響が異なります。

・UV-A:太陽の9割を占める強い紫外線。窓ガラスや雲を貫通して肌の真皮層にまで侵入して肌のハリや弾力を失わせることも。すでに肌に潜んでいるメラニン色素を酸化させてシミを作り出すことある。

・UV-B:室外で浴びることの多い紫外線で、長時間浴びると肌が赤くなって炎症させることも。肌の表皮層に行き渡り、シミのもととなるメラニンを生成させてしまう。

・UV-C:人体に影響のない紫外線で、オゾン層などに吸収される。

この3種類の紫外線は季節問わず一年中降り注いでいるため、美白を徹底したい方は通年UVケアを行う必要があります。

また、紫外線は天候や地面の色で浴び方も変わります。曇りの日や雨の日は紫外線も少量の紫外線が降り注いでいるため、天候問わずUVケアを行うことが大切です。

そして、紫外線は地面の反射からも降り注いでいます。中でも雪面や水面にいることが多いスキー場や海は紫外線の反射が強いため、アウトドアではよりUV対策を徹底するよう心がけてください。

▼2.紫外線が引き起こす肌悩みを知る

紫外線を浴びると肌は赤くなった後に黒く日焼けをしますが、実は日焼け以外にシミや乾燥、シワなどの肌悩みを引き起こしやすくなります。

肌は紫外線を浴びると、9日ほどの時間をかけてシミのもととなるメラニンが生成。また、肌を外的刺激から守るバリア機能が低下して乾燥しやすくなり、ハリが低下してゴワつきやすくなることから、たるみやシワができやすくなるのです。

美白肌を保つためには明るくシミがない、ハリのある肌づくりを心がけることが大切です。しっかりとUVケアを行ってシミや乾燥が起きにくい肌作りを心がけましょう。

▼3.美白のためにできるスキンケア・紫外線対策を知る

先述で紫外線を浴びるとシミや乾燥、シワなどの肌悩みを引き起こしやすくなることをお伝えしましたが、これらの肌悩みを防止するためには、正しいスキンケアやUV対策を行うことが大切です。

日焼け止めを塗るだけではなく、紫外線を浴びた後に有効なシミケアやシワや乾燥を防ぐためのスキンケアを知り、日常生活の中に取り入れましょう。

 

UVケア用美白化粧品の選び方

UVケアを行うためには紫外線を浴びている間のケアを行うことが大切ですが、たが、ここからはUVケアにぴったり美白化粧品の選び方を紹介します。

▼美容成分をチェックして選ぶ

スキンケア化粧品を選ぶときはテクスチャや価格以外に、美容成分をチェックして選ぶことが大切です。

UVケア対策に繋がる美容成分はビタミンCやビタミンA、アルブチンやコウジ酸がおすすめ。紫外線を浴びたあとのターンオーバーの乱れにはスクワランやセラミドもおすすめです。

▼日焼け止めや下地はSPF・PA入りがおすすめ

外出時や日が入りやすい室内に居る時は日焼け止めを塗ることも大切です。日焼け止めや化粧下地を選ぶ時はSPF・PA入りを選ぶようにしましょう。

UV-BをカットしたいときはSPF値が高めのものを、UV-Aをカットしたい時はPA値が高めのものを選ぶのがおすすめです。また、日焼け止めは皮脂や汗、水に弱いためこまめに塗り直すようにしてください。

▼保湿力が高いものを選んで

紫外線を浴びた肌はバリア機能が乱れて乾燥しやすくなるため、高保湿なスキンケア化粧品を選ぶのがおすすめです。

スキンケアを行う時は化粧水で水分を与えた後に美容液や乳液、クリームを塗って油分でフタをし、スキンケアを行った後も水分が逃げないようにしましょう。

 

美白のためのUVケアにおすすめのサプリ・食材は?

美白のためには外側だけではなく内側からのケアも大切です。ビタミンCやビタミンAのサプリや食材として取り入れましょう。

ビタミンCは柑橘類やブロッコリー、リンゴやキウイ、セロリなどに、ビタミンAは乳製品やレバー、うなぎや卵に含まれています。

 

美白のためのUVケアは正しい知識を身につけて行おう

 

今回はUVケアを徹底して美白を徹底したい方に向けて、UVケアのために知るべき知識や化粧品の選び方にくわえ、おすすめの美容成分や食材を紹介します。

きれいな肌を保つためには毎日紫外線対策やスキンケアを行いながら体の内側からもケアを行うことが大切です。今回紹介した内容を参考に、美白を保ちましょう。

 

※効果・効能には個人差があります。

【初心者向き】ビタミンCと紫外線の関係性や効果

美容マニアの間で根強い人気を持つビタミンC化粧品は、紫外線対策やシミ対策に一役買ってくれることで人気です。しかし、正しい使い方や詳しい効果、紫外線からくる肌悩み以外にアプローチする作用が分からずに使うのは不安に感じますよね。

今回はビタミンC化粧品を検討している方や、紫外線からくる肌悩みを解決したい方に向けて、成分の効果や化粧品使用時の注意点を紹介します。

ビタミンCが肌に働きかける作用

ビタミンCが美肌づくりにアプローチすることは広く知られていますが、具体的にどう肌にアプローチしていくか分からずにいる方もいるでしょう。

まずは、ビタミンCが肌に働きかける作用を知りましょう。

▼肌の表面を整える(整肌作用)

ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートしながら肌の表面を整える、整肌作用があります。肌の弾力維持する働きを持つコラーゲンの生成がされると、毛穴引き締めやたるみ、シワ悩みにアプローチして、肌の表面がふっくらしやすくなりますよ。

また、ビタミンCは過剰な皮脂分泌を抑制してくれるため、オイリー肌でニキビができやすい方にもおすすめの成分となっています。

▼保湿による透明感やツヤの向上

美肌にとって乾燥は大敵なため、毎日のスキンケアをしながら肌の土台を整えたいものです。ビタミンC配合の化粧品は、保湿をしながら肌代謝の活性化を促すビタミンEの生成を促してくれます。

乾燥した肌をしっかり保湿することでくすみ知らずに。ビタミンEが生成しやすくなると肌環境が整えやすくなってメラニンが放出されやすくなり、肌のツヤ感がよりアップしますよ。

▼紫外線によるメラニン生成の抑制

シミは一度できてしまうとスキンケアやメイクでのシミ対策に時間がかかってしまうため、日頃のケアで予防したいものです。

ビタミンCにはビタミンEとの掛け合わせでメラニンを放出させやすく作用があることは先述でもお伝えしましたが、実はメラニンの生成を抑制して紫外線からくるシミ予防にも働きかけてくれます。

紫外線を浴びると長きにかけて生成されるメラニンを抑制することで未来のシミをできにくくするため、年齢肌ケアを行う前から取り入れることもおすすめです。

ビタミンCの化粧品を使う前に知りたいこと

ビタミンC配合の化粧品は透明感がある化粧ノリが良い肌づくりにアプローチする成分ですが、正しい使い方や肌質との相性、インナーケアとの併用による効果を知ってから使いたい方も多いでしょう。

ここからは、ビタミンC化粧品を使用する時に挙がることが多い疑問点をお答えします。

▼朝のスキンケアで使用しても大丈夫?

化粧品の成分の中には紫外線に弱いものも多くあることから、朝と夜で化粧品を使わける方もいるでしょう。ビタミンC化粧品は、UV-Aという窓ガラスを貫く強い紫外線から守ると言われている一方で、ソラレンと言う紫外線を吸収する成分を含んだものもあります。

朝のスキンケアで使用しても問題はありませんが、スキンケア後には必ず日焼け止めやUVカット機能つきの化粧下地を塗るようにしてください。

ビタミンのサプリと併用するべき?

スキンケアを行う時に、美容成分を含んだサプリメントや食べ物を摂取するべきか迷ったことはありませんか?

私たちの肌の土台はスキンケアだけではなく食べ物で摂取した栄養分によって作られるため、体の内側から美容成分を取り入れることでより効率良く肌のケアを行えます。

また、ビタミンCは多くの野菜や果物に含まれていることにくわえ、サプリメントも販売されていることから体の外側と内側からのダブルケアがしやすい成分です。肌が敏感で合う化粧品が限られている方も、体の内側から行うスキンケアを意識すると安心して美肌づくりを行うことができますよ。

そして、体内からビタミンCを取り入れることを検討している方は1日1000mg程度を摂取するのがおすすめです。グレープフルーツやアセロラ、いちご、ブロッコリー、ピーマン、パセリなどに含まれていますが毎日これらの食べ物を食べるのが難しい方はサプリメントでの摂取も検討すると良いでしょう。

ビタミンC化粧品をかしこく取り入れて毎日紫外線対策を

今回はビタミンC化粧品を検討している方に向けて、ビタミンCが肌に働きかける作用や紫外線との関係性をお伝えしました。

ビタミンCは紫外線からくるさまざまな肌悩みにアプローチする成分ですが、毎日のUVケアをしっかり行うことではじめて美肌作りに役立てることができます。本記事で紹介した内容を参考にしながらスキンケアとUVケアを毎日行い、肌悩み知らずの美肌づくりを行ってみてくださいね。

※効果・効能には個人差があります。

日焼け後に起こりやすい肌悩みやケア方法・おすすめ化粧品を紹介

アウトドアや外出の積み重ねでできる日焼けはシミやしわ、乾燥などあらゆる肌トラブルを引き起こす原因になりがちです。毎年夏に極度の日焼けで使用している化粧品が合わなくなり買い換える方も多いかと思いますが、日焼けで肌荒れをする度にケアの手順や必要な化粧品を調べて買うのは手間に感じますよね。

今回は、日焼けが起きやすい季節になる前に知りたい日焼け後に起こりうる肌トラブルや化粧品選びのポイントを紹介します。

日焼けした肌の状態と起こりやすい肌悩みは?

紫外線や日焼け後にはさまざまな肌トラブルが起きますが、UVケアを怠った後に起こり得る肌悩みを事前に知ることで、より効果的なスキンケアを行うことができます。

まずは、日焼け後に起こりやすい肌悩みをおさらいしましょう。

▼ほてりや赤み

長時間日光に当たった後の肌は、ほてって赤みを帯びる(サンバーン)ことがあります。赤みを帯びた肌をそのままにしておくと黒く(サンタン)なり、日焼けを起こした状態になることも。

赤みを帯びた肌は炎症を起こしており、触ると熱く、ヒリヒリ痛むため、黒くなる前にケアをする必要があります。

▼乾燥しやすく肌のバリア機能が低下

肌は長時間紫外線を浴びると、外的刺激から守るためのバリア機能が低下します。バリア機能が低下した肌は無防備になり、乾燥やゴワつきが起こりやすく、化粧ノリが悪くなったりスキンケア化粧品が合わなくなったりしやすくなるのです。

肌の健康を保つために、日焼け後はより徹底したスキンケアを行いましょう。

▼シミやしわ

紫外線はシミやしわを引き起こす原因にもなります。

肌は長時間紫外線を浴びるとシミなどの原因になるメラニン色素が増えることは有名ですが、メラニンは時間をかけて定着し始めます。

紫外線を浴びた後に生成されたメラニンは、3日程度で肌に定着し始めるため、紫外線を浴びる前にケアを行なうと日焼け後のケアもより楽に行えるのです。

また、紫外線を浴びるとメラニンだけではなくしわの根源になる「ゼラチナーゼ」という酵素が発生します。

ゼラチナーゼ肌のハリのもととなるコラーゲンを変性し、シワの発生率が高くなってしまうため、年齢肌対策を徹底したい方は紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

日焼け後に徹底したいケア方法

日焼けから肌荒れを起こした時は早めにケアをして対処することが大切ですが、間違えたケアを行ってしまうと肌にダメージを与えてしまうことがあります。また、日焼けをして肌がヒリヒリしたり赤みを帯びたりしている時はより早くケアを行いたいですよね。

ここからは、日焼け後に行うべき特別ケアの方法をおさらいしましょう。

▼1.ほてりを冷やして赤みを引かせる

まず、日焼け後の肌の赤みと熱を引かせるために冷やしてクールダウンさせましょう。

火照りと熱を帯びた箇所に塗れタオルや布でくるんだ保冷剤、アイシングバッグなどを熱が引くまで当てます。この時に冷やしても痛みが引かない時や水ぶくれができてしまった時は、皮膚科の受診も検討してください。

▼2.よりていねいな保湿ケアを行う

肌を冷やしたら保湿ケアを行います。先述でもお伝えしたとおり、バリア機能を失った肌は無防備で乾燥しやすい状態です。より丁寧なケアを行うことを心がけてください。

▼3.美容液などでシミ・しわケアを行う

日焼け後にシミができやすい方や、年齢肌関連の肌悩みに悩んでいる方は、美容液などでシミ・しわケアを行ってください。日頃使っている美容液がヒリヒリする時は使用を控えて、敏感肌用のものなどを使うと良いでしょう。

▼マッサージやパックは行っても大丈夫?

日焼け後の肌は火照りや赤みを帯びているため、顔が大きく見えてマッサージを行いたくなり、火照りを一気に冷やすためにパックでクールダウンさせながら保湿したいと考える方もいるでしょう。

マッサージはバリア機能が失われた肌に摩擦を与えてしまうため、いつもより強い刺激を与えてしまうことになります。マッサージは肌の状態が戻ってから行うのがおすすめです。

また、シートパックも日頃使っているものを使うとヒリヒリしみることも。シートパックは肌の火照りがとれて、普段どおりの肌に戻った時に使用するようにしてください。

日焼け後のスキンケア化粧品の選びのポイント

日焼け後のケアをより徹底するために良質なスキンケア化粧品を使いたいと思う方も多いでしょう。ここからは、日焼け後の肌に使うスキンケア化粧品を選ぶポイントを紹介します。

▼美容成分は保湿や整肌の役割を果たすものを

多くの方がスキンケア化粧品を選ぶ時に成分をチェックして選ぶでしょう。日焼け後の肌は乾燥して肌環境が乱れているため、保湿をしつつ肌の状態を整えてくれる成分を選ぶのがおすすめです。

保湿を高めたい方にはヒアルロン酸やスクワランを、肌のバリア機能の低下に悩んでいる方にはセラミドもおすすめですが、一つの成分でさまざまな肌悩みにアプローチできる成分を探している方にはビタミンC入りの化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

ビタミンCは紫外線によって破壊されやすいコラーゲンの生成を促しつつ保湿をすることにくわえ、肌の状態を整えてすこやかな肌に導いてくれますよ。

▼刺激成分フリーのものを使って肌をいたわって

日焼け後の肌は肌環境が乱れて乾燥しやすくなっています。スキンケアをせずにいると、肌はバリア機能が失われてゴワつきや、バリア機能の低下が加速して、これまで使っていた化粧品が合わなくなることもあるのです。

日焼け後に使用するスキンケア化粧品は、香料や着色料、鉱物油不使用のものを選んで肌に与える刺激をおさえながらケアを行いましょう。

▼日焼け後のケア方法はメンズも一緒?

近年、メンズコスメの需要も高まっていますが、日焼け後のスキンケアを行う必要性がないと感じている男性も多いのではないでしょうか。

実は、肌が乾燥したり荒れたりする原因や日焼け後に起こりうる肌トラブルは男女共通のため、男性の肌も日焼け後のほてりや赤み、乾燥のトラブルは起きてしまいます。男性も日焼け後のほてりや赤みを放置せずにしっかりケアするようにしましょう。

肌にやさしいビタミンC化粧品で日焼け後も美白を

今回は日焼け後に起きた肌トラブルのケア方法に悩んでいる方にむけて、日焼けによって火照りや赤みを帯びた肌のケアの手順やデリケートになった肌に使うスキンケア化粧品の選び方を紹介しました。

近年、さまざまな美容成分を配合した化粧品が展開されていますが、ビタミンCは肌を保湿しながら日焼けや乾燥によって起きるシミやしわ対策を行えます。

年中降り注ぐ紫外線からくる肌荒れ対策を効率良く行いたい方は、ビタミンC配合化粧品をスキンケアに取り入れてみてください。

 

※効果・効能には個人差があります。

 

 

新商品発売のご案内

2月9日10:00から販売開始

「トランスダーマ スーパーウェット (ムースタイプ/60mL)」の発売を記念して、直販限定でスペシャルセットをご用意いたしました!
新発売の”泡で潤す”「トランスダーマ スーパーウェット (ムースタイプ/60mL)」現品に、ローションタイプ10mL、トランスダーマ ジ アイクリーム 0.5mL、オリジナルストラップ付ポーチ、ふわふわダーマエンジェルキーチェーンがついた豪華なセットです。
また、通常送料6,600円以上で無料のところを、今回に限り特別に送料無料でお届けいたします。特別品につき1家族様お一つまでとさせていただきます。
1か月間の期間限定での発売となります。

新春企画セット 残り2となりました!

先日発売の新春特別企画、大変お得なトランスダーマ・フルセットですが、おかげさまで

あと2つとなりました。

これまで、トランスダーマCしか使っていない・・という方は、ぜひこの機会に

トランスダーマの全てを体感してみてはいかがでしょうか。