乾燥

日焼け後に起こりやすい肌悩みやケア方法・おすすめ化粧品を紹介

アウトドアや外出の積み重ねでできる日焼けはシミやしわ、乾燥などあらゆる肌トラブルを引き起こす原因になりがちです。毎年夏に極度の日焼けで使用している化粧品が合わなくなり買い換える方も多いかと思いますが、日焼けで肌荒れをする度にケアの手順や必要な化粧品を調べて買うのは手間に感じますよね。

今回は、日焼けが起きやすい季節になる前に知りたい日焼け後に起こりうる肌トラブルや化粧品選びのポイントを紹介します。

日焼けした肌の状態と起こりやすい肌悩みは?

紫外線や日焼け後にはさまざまな肌トラブルが起きますが、UVケアを怠った後に起こり得る肌悩みを事前に知ることで、より効果的なスキンケアを行うことができます。

まずは、日焼け後に起こりやすい肌悩みをおさらいしましょう。

▼ほてりや赤み

長時間日光に当たった後の肌は、ほてって赤みを帯びる(サンバーン)ことがあります。赤みを帯びた肌をそのままにしておくと黒く(サンタン)なり、日焼けを起こした状態になることも。

赤みを帯びた肌は炎症を起こしており、触ると熱く、ヒリヒリ痛むため、黒くなる前にケアをする必要があります。

▼乾燥しやすく肌のバリア機能が低下

肌は長時間紫外線を浴びると、外的刺激から守るためのバリア機能が低下します。バリア機能が低下した肌は無防備になり、乾燥やゴワつきが起こりやすく、化粧ノリが悪くなったりスキンケア化粧品が合わなくなったりしやすくなるのです。

肌の健康を保つために、日焼け後はより徹底したスキンケアを行いましょう。

▼シミやしわ

紫外線はシミやしわを引き起こす原因にもなります。

肌は長時間紫外線を浴びるとシミなどの原因になるメラニン色素が増えることは有名ですが、メラニンは時間をかけて定着し始めます。

紫外線を浴びた後に生成されたメラニンは、3日程度で肌に定着し始めるため、紫外線を浴びる前にケアを行なうと日焼け後のケアもより楽に行えるのです。

また、紫外線を浴びるとメラニンだけではなくしわの根源になる「ゼラチナーゼ」という酵素が発生します。

ゼラチナーゼ肌のハリのもととなるコラーゲンを変性し、シワの発生率が高くなってしまうため、年齢肌対策を徹底したい方は紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

日焼け後に徹底したいケア方法

日焼けから肌荒れを起こした時は早めにケアをして対処することが大切ですが、間違えたケアを行ってしまうと肌にダメージを与えてしまうことがあります。また、日焼けをして肌がヒリヒリしたり赤みを帯びたりしている時はより早くケアを行いたいですよね。

ここからは、日焼け後に行うべき特別ケアの方法をおさらいしましょう。

▼1.ほてりを冷やして赤みを引かせる

まず、日焼け後の肌の赤みと熱を引かせるために冷やしてクールダウンさせましょう。

火照りと熱を帯びた箇所に塗れタオルや布でくるんだ保冷剤、アイシングバッグなどを熱が引くまで当てます。この時に冷やしても痛みが引かない時や水ぶくれができてしまった時は、皮膚科の受診も検討してください。

▼2.よりていねいな保湿ケアを行う

肌を冷やしたら保湿ケアを行います。先述でもお伝えしたとおり、バリア機能を失った肌は無防備で乾燥しやすい状態です。より丁寧なケアを行うことを心がけてください。

▼3.美容液などでシミ・しわケアを行う

日焼け後にシミができやすい方や、年齢肌関連の肌悩みに悩んでいる方は、美容液などでシミ・しわケアを行ってください。日頃使っている美容液がヒリヒリする時は使用を控えて、敏感肌用のものなどを使うと良いでしょう。

▼マッサージやパックは行っても大丈夫?

日焼け後の肌は火照りや赤みを帯びているため、顔が大きく見えてマッサージを行いたくなり、火照りを一気に冷やすためにパックでクールダウンさせながら保湿したいと考える方もいるでしょう。

マッサージはバリア機能が失われた肌に摩擦を与えてしまうため、いつもより強い刺激を与えてしまうことになります。マッサージは肌の状態が戻ってから行うのがおすすめです。

また、シートパックも日頃使っているものを使うとヒリヒリしみることも。シートパックは肌の火照りがとれて、普段どおりの肌に戻った時に使用するようにしてください。

日焼け後のスキンケア化粧品の選びのポイント

日焼け後のケアをより徹底するために良質なスキンケア化粧品を使いたいと思う方も多いでしょう。ここからは、日焼け後の肌に使うスキンケア化粧品を選ぶポイントを紹介します。

▼美容成分は保湿や整肌の役割を果たすものを

多くの方がスキンケア化粧品を選ぶ時に成分をチェックして選ぶでしょう。日焼け後の肌は乾燥して肌環境が乱れているため、保湿をしつつ肌の状態を整えてくれる成分を選ぶのがおすすめです。

保湿を高めたい方にはヒアルロン酸やスクワランを、肌のバリア機能の低下に悩んでいる方にはセラミドもおすすめですが、一つの成分でさまざまな肌悩みにアプローチできる成分を探している方にはビタミンC入りの化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

ビタミンCは紫外線によって破壊されやすいコラーゲンの生成を促しつつ保湿をすることにくわえ、肌の状態を整えてすこやかな肌に導いてくれますよ。

▼刺激成分フリーのものを使って肌をいたわって

日焼け後の肌は肌環境が乱れて乾燥しやすくなっています。スキンケアをせずにいると、肌はバリア機能が失われてゴワつきや、バリア機能の低下が加速して、これまで使っていた化粧品が合わなくなることもあるのです。

日焼け後に使用するスキンケア化粧品は、香料や着色料、鉱物油不使用のものを選んで肌に与える刺激をおさえながらケアを行いましょう。

▼日焼け後のケア方法はメンズも一緒?

近年、メンズコスメの需要も高まっていますが、日焼け後のスキンケアを行う必要性がないと感じている男性も多いのではないでしょうか。

実は、肌が乾燥したり荒れたりする原因や日焼け後に起こりうる肌トラブルは男女共通のため、男性の肌も日焼け後のほてりや赤み、乾燥のトラブルは起きてしまいます。男性も日焼け後のほてりや赤みを放置せずにしっかりケアするようにしましょう。

肌にやさしいビタミンC化粧品で日焼け後も美白を

今回は日焼け後に起きた肌トラブルのケア方法に悩んでいる方にむけて、日焼けによって火照りや赤みを帯びた肌のケアの手順やデリケートになった肌に使うスキンケア化粧品の選び方を紹介しました。

近年、さまざまな美容成分を配合した化粧品が展開されていますが、ビタミンCは肌を保湿しながら日焼けや乾燥によって起きるシミやしわ対策を行えます。

年中降り注ぐ紫外線からくる肌荒れ対策を効率良く行いたい方は、ビタミンC配合化粧品をスキンケアに取り入れてみてください。

 

※効果・効能には個人差があります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌老化が気になっているあなたへ。エイジングケアの基礎知識

肌老化が気になっているあなたへ。エイジングケアの基礎知識

昨今、多くのコスメブランドが力を入れているエイジングケア専用の化粧品。今では様々なエイジングケアコスメを目にするようになりました。その一方で、「どの化粧品を使えばいいのかわからない」「エイジングケアを始めたくてもその方法がよくわからない」「何が適切かわからない」「いつから始めればいいのかわからない」と疑問をお持ちの方は意外と多いようです。
そこで今回は「エイジングケア」についてまとめました。ご自身に合うエイジングケアを見つける参考になれば幸いです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容家たちも推奨する究極のスキンケア「肌断食」とは

美容家たちも推奨する究極のスキンケア「肌断食」とは

肌荒れがひどい時などにスキンケアを断ち、肌を休ませることで美肌を取り戻す「肌断食」。著名人でも実践している方は多く、試してみたことがある、すでに行っているという方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、皮膚の健康という観点から特におすすめの、スキンケアをしない「肌断食」についてご紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

悩む人続出!季節の肌トラブル「皮膚のかゆみ」の原因と対策

秋から冬にかけて急増する、皮膚にかゆみを感じる肌トラブル。特に冬場は、皮膚のかゆみや湿疹などで医療機関を受診する方が増えるそう。加齢にともない皮膚の機能は低下するので、かゆみは年齢を重ねるたびに増えていきます。
今回は、皮膚のかゆみの原因と対策についてお伝えします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今から始める冬のスキンケア〜乾燥肌を招く原因と対策


最近は季節を問わず、乾燥にお悩みの方が増えていますが、やはり秋から冬にかけて最も多い肌トラブルは乾燥肌(ドライスキン)です。
今回は、乾燥肌の原因と、今から始める乾燥肌対策についてお伝えします。まずは乾燥肌になる原因を知り、乾燥を防ぐことから始めましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

もしかすると、あなたは混合肌かも!?

混合肌

「あなたのお肌のタイプは?」と尋ねられた時、あなたはどう答えますか?
普通肌、脂性肌、乾燥肌(敏感肌)…大きく分けてお肌のタイプはこの3つですが、もうひとつ、「混合肌」というタイプも聞いたことがあると思います。実は、日本人の約7割が混合肌といわれているほど、この肌質は多いそうなんです。もしかすると、あなたのお肌のタイプは、これまで自分で思っていたものとは違って「混合肌」かもしれません。
今回は、この「混合肌」についてお伝えします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

気になる肌の刺激も緩和!敏感肌を改善する正しいスキンケア

気になる肌の刺激も緩和!敏感肌を改善する正しいスキンケア

敏感肌さん必見!肌にやさしい正しいスキンケアの方法

少しの刺激にも反応してしまう敏感肌は、季節の変わり目や空気が乾燥する冬に、誰もがなり得る肌状態。肌が敏感になってしまうと、普段のスキンケアが合わなくなり、それ自体が刺激になってしまうことも…。
敏感肌にはその肌状態に合わせたスキンケアが必要です。今回は、肌が敏感になってしまったときのスキンケアについてご紹介いたします。

敏感肌とは

乾燥や紫外線などの外的刺激から皮膚細胞を守るため、肌には本来、適度な水分を保ち、それを蒸発させないように皮脂膜で保護する機能(バリア機能)が備わっています。敏感肌とは、何らかの要因で肌のバリア機能が弱まり、ちょっとした刺激にも反応しダメージを受けやすくなっている状態のこと。原因は人により異なりますが、常に肌の潤いや皮脂が不足し乾燥しているため、様々な肌トラブルを招きやすくなっています。

敏感肌の原因

・空気の乾燥など季節の変化
・外部刺激(紫外線、花粉やほこり、衣類、化粧品、洗剤など)
・体調、ホルモンバランスの変化
・生活習慣(睡眠不足、食生活の乱れなど)
・ストレス、ホルモンバランスの変化
・間違ったスキンケア
・遺伝、アレルギー体質(アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎など)
・加齢による肌の老化

敏感肌の症状

・肌荒れ(乾燥など)
・肌の炎症(赤み、かゆみ、腫れ、かぶれ、発疹など)
・痛み(ヒリヒリする、ピリピリするなど)

敏感肌の正しいスキンケアの方法

敏感肌は少しの刺激にも反応しまうデリケートな肌状態。肌が敏感になっている時は、肌へ負担をかけないように日々のスキンケアを行う必要があります。朝と夜、ご自身の肌の状態を確認しながら、正しいお手入れで敏感肌の症状を緩和しましょう。

クレンジング

【クレンジング剤の選び方】

洗浄力の強いものを避け、肌への刺激や負担が少ないものを選びましょう。テクスチャーに厚みがあり、保湿成分が配合されているクリームやミルク、ゲルタイプのクレンジング剤が肌にやさしくおすすめです。反対に、オイルクレンジングは油脂性のメイクを素早く落とすことができますが、皮脂まで落としてしまったり、角質層を傷めて肌の乾燥を招きやすいので、肌が敏感になっているときは使用を控えましょう。
また、低刺激のクレンジング剤はアイメイクなどのポイントメイクを落としきれないことがあるので、目元などは専用のクレンジング剤を使うと肌への負担が少なくてすみます。

【クレンジングの方法】

1.ポイントメイクを専用のクレンジング剤で落とします。
2.顔用のクレンジング剤を必要量手にとり、洗浄力を高めるため、手のひらの体温で温めます。
3.クレンジング剤を頬の中心から外側へ、顔全体にやさしくなじませます。
4.顔の中心から外側へ手でらせんを描くようにメイクを浮かせます。
5.メイク汚れが浮いてきたら、ぬるま湯で洗い流します。

洗顔

洗顔

【洗顔料の選び方】

洗顔は、肌に必要な潤いは残したまま、肌表面に付着したほこりや雑菌、皮脂汚れなどを落として肌を清潔に保つことが目的。ですので、朝など汚れの少ない時は、洗顔料は使わずぬるま湯だけの洗顔で十分です。洗顔料を使う時は、配合成分の少ない低刺激のものを使用しましょう。

【洗顔の方法】

1.一度、顔をぬるま湯で軽く洗います。
2.洗顔ネットをぬるま湯でぬらし、その上に石鹸などの洗顔料を取り出します。
3.ぬるま湯を含ませながら、レモン1個分くらいの大きさの泡ができるまで洗顔料を泡立てます。
4.洗顔ネットの泡を、皮脂が多いTゾーンに乗せ、それから泡を肌の上で転がすように顔全体に広げ、泡の弾力だけで顔を洗います。
5.すすぎ残しがないようにぬるま湯で泡を洗い流します。
※洗顔後はすぐに保湿を行いましょう。

クレンジング・洗顔時の注意点

・洗いすぎて肌へ負担をかけないよう短時間で終わらせましょう。
・力を入れて洗ったり、ゴシゴシこすったりして、肌を摩擦しないようにしましょう。手の薬指と小指を使うと過度な力が入りません。
・水温は体温よりも低いぬるま湯(30~35℃)が目安です。熱すぎるお湯は肌への刺激になるほか、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招くので注意しましょう。

保湿(化粧水)

【化粧水の選び方】

肌が敏感になっているとき、角質層の潤いを補う化粧水での保湿はとても重要ですが、化粧水が肌への刺激とならないよう、配合成分の少ないものを選びましょう。種類や配合量によっては、アルコールや香料、着色料、パラベン、界面活性剤などの成分が刺激となる場合もあります。これらの成分ができるだけ入っていないものがおすすめです。
また、肌の状態によっては、コラーゲン、ヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)などの水溶性保湿成分を取り入れて、保湿効果を高めるのも良いでしょう。

【化粧水でのスキンケアの方法】

1.洗顔後すぐに適量の化粧水を手のひらに乗せ、浸透力を高めるため体温で温めます。
2.頬の内側から外側に向かい、手のひら全体を使ってゆっくりと押し当てるように顔全体に化粧水をなじませていきます。
3.手のひらを頬にあて、5秒程度、化粧水を浸透させます。
4.両中指を目元にあて、手のひらを鼻筋、口元に沿わせ、5秒程度化粧水を浸透させます。
5.新たに化粧水を手のひらに出し、体温で温めてから、顔全体に重ねづけし、額とあごにも5秒程度なじませます。
6.親指以外の4本の指を両目にあて、乾燥しやすい目元にも5秒程度、化粧水を浸透させます。
7.乾燥が気になる箇所にはさらに化粧水を重ねづけしてください。

 

化粧水でのスキンケアの注意点

化粧水をつけるとき、コットンを使うのはやめましょう。コットンが刺激となる可能性があります。また、コットンパックやシートパックなど、パックも肌への負担となるので、肌が敏感になっているときは控えましょう。

保湿(美容液)

【美容液の選び方】

保湿効果を高めるにはセラミド配合の美容液がおすすめです。成分表示を見て、セラミドの後ろに数字が記載されている「ヒト型セラミド」はより肌にやさしいので、ヒト型セラミド配合の物を選ぶと良いでしょう。また、コラーゲンの生成を促すビタミンC美容液も肌の乾燥を改善するのに有効です。
ただし、化粧水などと比べ、美容液には高濃度の成分が配合されています。効果が高い分、肌が敏感な時はそれらが刺激になることもあるので、パッチテストを行って問題がないことを確認してから使用するようにしましょう。肌の炎症がひどいときなどは美容液は使用しなくても問題ありません。

【美容液でのスキンケアの方法】

1.化粧水で保湿をした後、適量を手のひらに出し、体温で温めます。
2.頬の内側から外側に向かって顔全体になじませた後、頬に3秒程度なじませます。
3.両中指を目元にあて、手のひらを鼻筋、口元に沿わせ、ほうれい線を伸ばすようにして3秒程度なじませます。
4.額に手をあて3秒程度なじませます。
5.親指以外の4本の指を両目にあて、目元に美容液を浸透させてからこめかみを軽く指圧します。
6.乾燥が気になる箇所にはさらに美容液を重ね付けしてください。

保湿(乳液・クリーム)

【乳液・クリームの選び方】

本来、皮膚から分泌される皮脂には乾燥から肌を守る作用があるため、乳液やクリームは必要なものではありません。特に、肌が敏感なときはあまり多くの化粧品を使わないほうがいいので、乳液やクリームを使う場合はなるべく成分の少ないものを選び、乾燥がひどい部分を中心に使うようにしましょう。

【クリームでのスキンケアの方法】

1.必要量のクリームを手にとり、手のひらで温めます。
2.乾燥しやすい目元や、乾燥が気になる箇所を中心に、顔全体にクリームをなじませます。
3.顔全体を手のひらで包み込み、肌状態を確認し、気になるところがあれば、クリームを重ねます。

日焼け止め

日焼け止め

【日焼け止めの選び方】

紫外線は美肌の大敵。日焼けによるシミだけでなく、乾燥を深刻化させる要因にもなるので、これ以上肌にダメージを与えないためにも、日焼け止めは塗るようにしましょう。ただし、SPF値とPA値の高い日焼け止めは効果がある分、肌への刺激も強くなります。用途に合わせて使い分けましょう。少しの外出や通勤程度であれば、SPF10~20程度で十分です。また、敏感肌用の低刺激の日焼け止めもたくさんあるので、ご自身の肌に合うものを選びましょう。

【日焼け止めの使い方】

クリームを塗布する要領で、肌をこすらないようにして、顔全体にまんべんなく塗っていきます。また、日焼け止めはこまめな塗り直しが必要です。メイクをしていて塗り直しができないときは、UV効果のあるパウダーファンデーションなどで対応しましょう。

保湿ミスト

肌が乾燥していると、それだけで刺激を感じやすくなります。日中でも乾燥を感じたら、化粧をしたままでも使える、肌の負担になりにくいミストタイプの化粧水などで早めに水分を補い、肌の乾燥を防ぎましょう。

おわりに

日々のスキンケアが肌の状態を悪化させていることもあり、スキンケアを変えるだけで敏感肌を改善することができる場合もあります。肌が敏感なときは、肌に負担をかけないスキンケアを行うことが何よりも大切。ご自身の肌状態に合った化粧品を選んだうえで、正しいスキンケアで肌を労わり、敏感になってしまった肌の症状を緩和してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

乾燥肌に必須のアイテム!?クリームの正しい選び方と使い方

もう春ですね。冬の乾燥に疲れたお肌に合ったクリームの正しい選び方と使い方についてご紹介いたします。
秋から春先までは、顔や体、手元など、油分を補い保湿効果を高めるスキンケアクリームが大活躍。皆さんはどんな保湿クリームを使っていますか?クリームにも種類があり、用途も様々。また、お肌の状態によっても合うクリームは変わってくるため、クリームを使えば乾燥対策は万全、と思っていたら、それはちょっと間違いです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今からでも間に合う?!年末年始のスキンケア~乾燥肌を招く原因と対策

乾燥 肌 原因

年末年始のこの時期は、スキンケアを本格的な冬用にシフトするタイミング。最近は季節を問わず、乾燥にお悩みの方が増えていますが、やはり秋から冬にかけて最も多い肌トラブルは乾燥肌(ドライスキン)です。
今回は、乾燥肌の原因と、今から始める乾燥肌対策についてお伝えします。まずは乾燥肌になる原因を知り、乾燥を防ぐことから始めましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0